topimage

2009-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎茸、食いてぇ~ - 2009.05.31 Sun

以前から友達と椎茸が食べたいと、よく話をしていて
やっと念願叶い、思う存分食ってきましたきのこくんA

椎茸ずくし

↑ 徳島の月ヶ谷温泉の中の食堂にて(1800円也)

焼き椎茸、天ぷら、土瓶蒸し、味噌和え、梅和え、ポン酢・・・

季節的に美味しいかどうか、ちょっと心配してたけど
大丈夫 肉厚の美味しい美味しい椎茸たちやった

その後、せっかくなので棚田を覗いてみることに(私が見たかっただけ)

棚田
↑ 日本100選に選ばれてる。

山だけに田植えは6月に入ってからで、まだほとんど水を張った状態だけやったけど
眺めはスバラシイ

「ゴザ敷いてお昼寝したいよなぁ」

鳥のさえずりと、気持ちいい風。あぁ癒される~

3時のおやつも忘れてはならん!

おやつ

最近OPENしたらしいカフェに行ってみた。

勝浦町にある → Garden Time このむ

ひと目で気に入りましたゎ!このカフェ!

カフェ1

「ガーデン」ってお店の名前に付くだけあっての
まさしく「ガーデン」がスバラシイ

カフェテラスで飲む前に、お庭をお散歩してみた。

カフェ2 カフェ3

カフェ4

たっくさんのお花が咲いていて、香りもよく
ここでも癒されまくった。

今度行ったら、気になるメニュー「しらす梅ピラフ」「十五穀サンド」を
試してみよう
スポンサーサイト

アンジェラ - 2009.05.23 Sat

前から楽しみにしていた、アンジェラ・アキのライブに行ってきた。

娘も連れてった(ライブ・デビュー)

去年、学校での合唱コンクールの課題曲が「手紙~拝啓十五の君へ」
やったから、大分歌い込んでるようで、娘も楽しみにしてた。

angela1
angela2

↑ 会場に停まってたツアートラック。

ファンはアンジェラの事をアンジーと呼ぶらしい。
彼女の歌声はスバラシイかった


今回はCDアルバム「ANSWER」のツアーで
タイトルでもあるANSWERって曲の替え歌もアンジーと一緒に歌った
(歌わされた

  友達と恋人を 足してそれを2で割ると
    答えはあなたなんだと気づいた
          ↓ ↓ ↓ 替え歌
  渦潮阿波踊り 足してそれを2で割ると
    答えは徳島なんだと気づいた

ははは~♪
他県でのライブはどんなんやったんかいな!?

北海道やったら・・・じゃがいもと毛ガニ~♪
沖縄やったら・・・海人とゴーヤ~♪
大阪やったら・・・たこ焼きとおばちゃん~♪

やったんやろーか!?

CDアルバムをずーっと聴いていたけど、
その曲を作ったキッカケであるとか、どういう思いで作ったのかとか
ほとんどが実体験からなんやそうで、知らなかった。

そんな説明を聞いてから、実際にその曲を歌うのを聴いたら
もう涙がちょちょぎれる
もう感動

他にこのアルバムの中に「Knockin' On Heaven's Door」って曲が入ってるんやけど
私は初めて聴いた時、ビックリした。
大好きなエリック・クラプトンが歌ってた曲やったから。
カバーしてるんや・・・
後で調べると、なんとこの曲はボブ・ディランが作詞作曲してたんや。
へ~!
アンジー版は長瀬智也主演の映画「ヘブンズ・ドア」の主題曲らしい。

アンジーの素敵な歌声とピアノを聴いて
友達が「ピアノ買おうかなぁ」やって。
弾きたい気持ちはわかるよっ!

徳島県出身のアンジー。
阿波弁を嬉しそうに使ってたのがカワイイ
またライブあれば行きたいと思う。

しばらくはアンジーのCDを聴くことにしよう


北京4日目 最終日 - 2009.05.16 Sat

あっと言う間の4日間。
それでは最終日の旅日記を。


*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

4日目


pekin01

 いつものようにビュッフェスタイルの朝食。
 ホテルには中庭があって
 今朝は太極拳をしていた。
 中国って感じがいいねぇ



帰国の日なので、朝食後にチェックアウトを済ませる。
娘が飲んだ部屋の缶コーラ、30元(約480円)もしやがる

また添乗員さんが迎えにきてくれて、午前中の観光へお出掛け。

世界遺産の天壇公園

pekin02
 歴代皇帝が五穀豊穣や雨乞いを
 行った、言わばデッカイ祭壇。

 女人禁制やったらしい。



pekin03 pekin05
pekin04
 

 市民の憩いの広場的な場所なんかなぁ。
 たくさんの人たちが太極拳やスポーツ、
 水で地面に書道、楽器に歌と
 思い思いの事をやってた。



↓ デッカイ祭壇。ここの中心に丸い台があって
皇帝がそこに立ち、天に向かって祈ったそう。
pekin06 pekin07

写真右は、緑の壺に動物の内臓を放り込み燃やして
臭いにおいの煙を立ち上げて
天の神様に「今から祈りの儀式をしまっせ~!」って知らせるんやそう。

pekin08  pekin09

↑祈年殿とその内部。

pekin10

 天壇公園内の静かな場所に
 連れていかれた。
 ここで「書」の実演販売。



なにやらラストエンペラーの子孫たちが、書道の達人で
そのうちの一人(溥儀の孫!?)がいらした。

pekin11

 この人が愛心覚羅なんとかさん
 国会議員らしい。

 好きな文字を言えば書いてくれる。
 3万円で鑑定書付き。
 日本で高く売れるって。

 私たちは見てるだけ~
 出されたお茶をすするだけ~
 



これで北京観光は終了

天壇公園を後にして、空港へと向かう。
4日間お世話になった添乗員さんとお別れをし
出国手続きへ。

セキュリティーチェックでちょっとドキドキ
機内持ち込みがダメなライターをこっそり所持してたから・・・
でもキツイ調べで発見され
「ライターッ!」って怒鳴られ、没収されましたがな
くそーっ!関空着いたらライター買わなあかんやん

その後、余った元を使い切るために、免税店で最後の買い物。
お腹がすいてたので、クッキーやらジュースを買って
ボリボリ食べまくり。

帰りも機内はガラガラ。

pekin12

↑ 北京空港を離陸直後。
見てのとおり、霞んでますゎ。

機内食は麻婆なす。旨かった~

行きと同じJALで、一人ずつのモニター付きシート。
娘とボーリングゲームで対戦。

でもあっという間に関空到着。

乗客が少ないから、入国審査も検疫も超早かった。
お陰で、1便早いバスに乗れて(このバスもガラガラ)ラッキー。

ヘトヘトになって帰宅。あ~疲れた
無事、旅行終了!

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

現地添乗員さん(30才台の中国人女性)が興味津々だったのが
私らが持ってたペットボトルの保冷カバー。
今回の旅で使ってたのを3つプレゼントした。(100円ショップで買ったやつ
中国ではないのかしら!?

一人っ子政策やから、息子さんを大事に育ててるみたいで
ペットボトルカバーは喜ぶと、ニコニコしてた。
いいお母さんしてるんやねぇ。

それから、流暢な日本語。でも日本に行った事がないらしい。
「日本に行くの高いから、無理無理!」って言ってた。
でも日本に興味があるらしく、色んな質問を受けた。

☆ 東京で家を建てるといくらするのか。
  北京でマンション買うと2000万くらいって。

☆ あの車は日本でいくらか。(駐車してある日本製の車を指さして)
  日本で400~500万円の車は北京では1000万を超えるらしい。
  日本での値段を聞いて「安い!安い!」と連発してた。

☆ 日本での定額給付金の話をすると、
  中国では「旅行に行きなさい」と国がお金をばらまいたって。
  だから今、北京は中国人でいっぱいよって。

団体ツアーでなく、私たちだけのグループだけだったので
色んな話をすることができて、良かった。

あと、中国のトイレ事情は・・・

日本と違って、和式女性トイレはドアの方に向かってしゃがむ。
都会の観光地でオリンピック後やったから
想像してたよりもキレイやった。

でもミスった

一度だけ、日本のようにドアを背にしゃがんでしまって、
トイレットペーパーを使うのに苦労した事があった。
ほんま、一人苦笑いしたわ。

カルチャーショックもあって、刺激になった旅でした。

北京3日目 - 2009.05.15 Fri

やっと疲れが取れてきた今日この頃・・・
それでは北京3日目の旅日記を。


*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

3日目

午前中は北京市内観光の目玉、天安門広場故宮

pekin01 pekin03

↑ 天安門とその上から見る天安門広場。 デッカイ
  世界一広い広場らしい。
  遠くに見える建物は毛沢東記念館で、中国人なら一度は拝みたい場所やって。
  30秒見るために3時間でも4時間でも並ぶらしい。  
  この日も、8時半ごろ到着したけど、もう人でいっぱい。
  
この広場に入るのにもセキュリティーチェックがあった。
どこでも厳しいのね、中国って。

pekin04 pekin02

↑ 天安門の中(っちゅーか上の方に登ったところ)
一部撮影禁止やった・・・
写真右は公安の車(パトカー)

広場の隣に世界遺産の故宮(紫禁城)へ
ひたすらテクテクと歩く・・・

pekin05
 故宮の午門。
 そうそうこれよこれ。
 映画「ラストエンペラーで見た風景。
 感激~
 確か映画でここにラクダがおったよなぁ。


pekin06
 広い!広過ぎ!
 でもこれは敷地の一部っつーから。
 故宮の中にこんなんがいっぱい。
 現存する王宮で世界一広いんやて。
 わかる気がする・・・


pekin07 pekin08 

↑ 陶磁器の展示や、色んな国から贈られた時計の展示。

意外にも、こんな展示物は撮影させてくれるのにビックリした。

pekin09
 魔除け。
 先頭が仙人で、9匹の動物を従えてる。
 9という数字は皇帝の数字らしい。


pekin10
 ほどんどの壁や天上はこんな模様が描かれてる。
 龍は皇帝のシンボルやて。



pekin11
 玉座。
 ラストエンペラーで溥儀が座ってたと思う。

 思ったよりこじんまりかな!?



pekin12

 ラストエンペラーで溥儀が自転車を
 走らせてた通路。
 
 長い!



とにかく故宮は広い!広過ぎる!
もう足が棒

ほんの一部だけUPしてるけど、実際は
もっとたくさん、なんとか門やなんとか殿を通り
いくつもの玉座を見学してる。
もう朝からかれこれ4時間くらい歩いてる。

もう無理・・・ って感じ。

やっと故宮見学を終えて昼食へ。もうほんまにお腹ぺこぺこ状態。
これも楽しみにしてた飲茶料理店。

pekin13
 いろんな飲茶をいただいて。
 中でも大好きな小籠包
 中にはあっつあつのスープ。ウマ~~~



↓ ここでちょっと中国の水事情を。

pekin14
 もちろん生水はいけません
 ミネラルウォーターを購入して持ち歩く。
 ホテルでは10元(約160円)で高い!
 エビアンは35元もする。
 添乗員さんに聞くと、スーパーなら3元だって。

 観光地で怪しく売られてる水は
 ペットボトルに生水を入れてるって場合もあるから
 決して買わないでって。



pekin16
 午後は輪タクに乗って、
 胡同フートン什刹海シーシャーハイ観光。
 輪タクのにーちゃんに10元のチップを。
 いい運転してもらうためやって
 (添乗員の薦め)



海と言っても、人造の湖。それに沿って輪タクは走る。
輪タクを降りると変わった町並みが。

↓ 銀錠橋付近は飲み屋街。
pekin16 pekin18
写真右は自由市場かな。いろんな土産物屋さんでいっぱい。

ここからまたテクテクと・・・

pekin19 pekin20

↑ 鐘楼。上にはデッカイ鐘がある。
えっ!?登るん!?
この街では別のガイドさんが付いての案内で
ニコニコ笑って「頑張ってください!」と。  ふ~
超、急な階段は恐ろしかったが、楼上は涼しくって気持ち良かった。

pekin21
 四合院造りの民家。
 実際に人が住んでる家を訪問した。
 塀で囲まれた一所に、9家族が住んでるそう。
 しかも、全然親戚でも何でもないんやそう。

 トイレはたった一つを共有してるんやって

 ここは国の保存地区。
 修理費用などはちゃーんと国が出してくれるそう。



pekin22
 一件のお家に入れてもらった。
 奥さんがお茶を入れてくれて、キャンディーも出してくれた。
 ここのご主人は水墨画の先生で、
 日本の大学にも交流のため行った事があるらしい。

 うちのばーちゃんが気に入った1枚を売ってもらった。
 300元なり。



お次は南羅鼓巷ナンラココウ 散策。
え~!?まだ歩くん!? ふ~~~~

pekin23

 昔ながらの通り。
 お店が並んでる。
 あまりにしんどいので、少し覗いて引き返した。



これでやっと夕食にありつける。

↓ 北海公園内にある「仿膳飯荘」ってお店でミニ満漢全席。

pekin24 pekin25

pekin26
 フカヒレ、燕の巣のスープ、アワビなど豪華な料理に
 わけのわからんラクダの肉やら、鹿のすじ肉やら・・・
 西太后が好きやった豆のようかんとか・・・
 次から次へといっぱい出された。

 中でも美味しかったのはデザートの餅菓子。



あ~幸せ

食後、添乗員さんと相談してオプションで観光をすることに。
 ☆足つぼマッサージ ☆雑伎団ショー ☆京劇
さーどれにする?

皇帝が観て楽しんだという京劇を観ることに。

pekin27 pekin28

↑ ここは老舗らしい。
今日の演目は、
☆覇王別姫:項羽と虞妃との最期の別れ
☆鬧龍宮:孫悟空が龍宮を訪れ、如意棒を手にするまでの話

ヘッドフォンで日本語解説を聞きながらの観劇。
撮影はOKやったけど、見とれて撮るん忘れてた

孫悟空では立ち回りが良かった。観劇後、この孫悟空の役者さんと
記念撮影はした。
その夜、ホテルの部屋のドア下からスーーーッと出来上がった写真を
届けてくれたけど、その瞬間を娘が見て怖かったと

ホテルへ帰る途中、天安門広場のイルミネーションが見えて
「キレイ!キレイ!」と騒いだら、運転手さんが側まで行ってくれた。

まぁ!キレイ ↓

pekin29

今日も強烈に疲れた・・・
今日も髪がバシバシになるシャンプーを使わせていただきました。

お休みなさいませ

北京2日目 - 2009.05.14 Thu

帰国後2日経つけど、まだ筋肉痛・・・
それでは北京2日目の振り返りを。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

2日目

pekin1

 ホテルの中庭に面したカフェにて
 朝食
 洋・中料理のビュッフェスタイル。

 ビュッフェは食べ過ぎるのが難点。

 でも美味しかった~



8時にロビーで現地添乗員さんと待ち合わせ。
今日の午前中は楽しみにしていた万里の長城見物&ウォーキング
北京北駅から八達嶺駅まで列車で約1時間の旅。

pekin2
 
 駅舎に入るのにも
 セキュリティーチェックがあった。
 列車が到着してからでないと
 ホームにも入れない。



万里の長城に到着。
まずはロープウェイで「北八楼」まで一気に上がり
割と緩やかな坂(女坂と名付けられてる)を
「八達嶺城門」まで約1時間かけて歩いて下って行く。

pekin3 pekin4

↑ このロープウェイがまたコワかった
添乗員が言うには強風時は途中でも止まるらしい・・・ヒェ~

pekin5

 さすが世界遺産の大観光地
 人・人・人・・・
 
 この万里の長城が
 筋肉痛の始まりやった

 
pekin6

 赤い矢印のところが目的地
 しかも何が緩やかな坂道や!
 写真を見ての通りの急勾配
 (緩やかな箇所もあったけど)
 
 手すりを持たな下れんわい!

 通称「女坂」がこれなら「男坂」はどんなんや!
 (一部60°の急斜面があるらしい)



無事に下り終えて、息つく間もなく車に乗り
昼食へ。

昼食の前に、中国の七宝焼き見物。
(実質、お土産物屋の実演販売みたいなもの)

pekin8

 2階で中華弁当を食べて
 1階は土産物屋。
 翡翠や七宝焼きを物色
 国営らしいので、信用できるかな。



午後からは世界遺産の明の十三陵へ。

pekin7 pekin9

明朝13代にわたる皇帝・皇后のお墓。
広~い土地に13個のお墓があって、たった1カ所「定陵」っていうお墓だけが
中身が発掘されてるらしい。
写真右は亀の石碑。頭とお尻を撫でるといい事があると。

定陵の地下に皇帝と皇后の柩などがあるんやけど
お墓って事で気持ち悪いので撮影はやめた

pekin10 pekin11

↑ これは神路。言わば参道。
長過ぎ
800mほどあるらしい。万里の長城に地下墳墓の階段後で
もう歩きたくない・・・
添乗員さんの提案で、電動カートを借りた(一人5元)
写真右はこの神路に13対で置かれている石碑。
一つの石から彫り上げられたんやって。
大きさがわかりにくいけど、身長よりはるかにデカイ。

お墓をあとに、次は北京オリンピック会場へ。

pekin12

 オリンピックのメイン会場「鳥の巣」
 ちょっと離れた所からの見物やったけど
 超デカイ。



pekin13
 鳥の巣の近くにあるホテル
 なんと7つ星(世界に3つしかないんやとか)
 4つの建物が合わせて龍の形に見える。
 建物にでっかいオーロラビジョン
 ずーっと映像が映し出されてる。
 スゴイなぁ・・・最低1泊50万とか言ってたなぁ。



この後は夕食タイム。
これも楽しみにしていた北京ダック
「北京大菫烤鴨店」←なかなか予約が取れないらしい

pekin14 pekin15

pekin16

オシャレな内装で、出てくる料理の盛り方もオシャレ。
ダックは目の前でさばいてくれて、ワクワクしながら「待て」状態。
初めて食べた北京ダックはほんまに美味しかった

食べ過ぎて腹は苦しいは、足は痛いはで
今日は早めにホテルへ。

pekin17

とにかく眠たい・・・
持参していった湿布を足に貼りまくって、おやすみ
(北京観光へのお供は湿布よ)

北京1日目 - 2009.05.13 Wed

3泊4日の中国、北京旅行に行って来た
新型インフルエンザで旅行のキャンセルが相次いである中
全然気にせずに行ってきたのだ。

記念に旅日記を残しておこうっと。



*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

1日目

徳島からは始発の関空行きリムジンバス。
起床3時半・・・4時半出発・・・眠い・・・

関空ではマスクをしてる人が割といたなぁ。
一応、ばーちゃんと娘はマスクを

pekin01 pekin02

JALだったので、言葉は困らず気が楽。
最近の飛行機は進んでる。
各シートにモニターとコントローラーがついていて、
何種類もの映画やゲームを楽しめるようになってる。

pekin03
 機内食
 チキン南蛮、茶そばなど
 トレーのおかずの下がホットプレートになってて
 あっつあつの食事を頂けた



平日のせいか、新型インフルエンザのせいか機内はガラガラ。
ざっと数えて200席程が視界にあるけど、
なんと乗客が10人ほど
これで儲けがあるんやろーか(私が心配する事ではないけど)

3時間弱で北京首都国際空港に到着。

空港もさすがにデカかった!

新型インフルエンザのせいで、検疫ではサーモグラフィと
簡単な問診票を渡されて、熱が無いかとか連絡先とか記入。
入国審査は乗客が少なかったので、あっちゅー間に終わり
現地添乗員と合流(中国人女性)

pekin04

同じツアー客が私たち家族以外おらんかったから
4日間はワゴン1台の貸し切り旅行となる
だいたい何十人かの観光バスが普通やけど
なんか得した気分

pekin18 pekin19

↑ 北京の街は大きな道路、環状線がいくつもあって
この環状線には信号がない!左ハンドル右車線。
とにかく車が多いのと、車線変更の恐ろしい割り込みを体験。
よく接触せんなーって思うほどの車線変更で心臓に悪かった。
しかもみんなクラクションを鳴らしまくる
写真右はケンタッキー。娘が面白いと撮影。

pekin05
 中国の通貨は元
 1元が約16円



さて、観光の始まり始まり。

まずは、西太后の避暑地やった頤和園いわえんへの
行幸ルートやった運河を船で行った(約30分)

pekin06 pekin07

27~28℃あったこの日。水辺は涼しく気持ちいい。

車に乗り換え、頤和園(世界遺産)の東門から入場。

pekin08 pekin09

超広い
湖は人工で、掘った土で山を作ってるんやって。
すごい事をするなぁ・・・
写真右の回廊はなんと長さ約700m。
回廊には8000枚もの絵が描かれてる
これが同じ絵がまったくないんやって。

ひたすら歩いた

pekin10

 石舫
 字のごとく石で作られた船
 西太后の浪費のシンボルだとか。



頤和園を後にし、お茶の専門店へ連れて行かれた。

pekin11

↑ お茶の実演販売。
色んなお茶を飲まされ、もう腹がたっぷんたっぷん。
まんまと乗せられ、プーアールとライチ茶と湯飲みを購入。

↓ 夕食は「芾林フーリン酒閣」にて北京家庭料理

pekin12 pekin13

美味しくいただきました
その後、「カンフーショー」(紅劇場)へ

pekin14 pekin15

pekin16
 ここは外人ウケのいい劇場らしい
 
 撮影は禁止らしく、スタッフに注意されたけど
 目を盗んで撮った
 日本語案内はパンフレットのストーリーのみで
 劇は英語で進められてた。



クタクタになって夜9時を過ぎてのホテルチェックイン。

↓ 翌日撮影した。
pekin17 pekin17

ホテル・ニューオータニは宿泊客の6割が日本人で、スタッフも日本語が通じるので
安心して泊まれるってことで、このホテルにした。
中国だけにちょっと不安やったからなぁ。

中国はチップの習慣がないらしい。
けどスーツケースを運んでもらった時は10元払った。
(現地添乗員がそうしろっつーから)
写真右は部屋からの眺め。

3時間も寝てない状態で、ビッシリ観光やったから
もう眠たくって眠たくって

アメニティグッズは豊富やったけど、シャンプーの質は悪く、
髪の毛がバシバシで手櫛も通らぬほど・・・

テレビは日本のBS番組が観られて、快適。

これで1日目終了。おやすみ~

寝GW - 2009.05.06 Wed

寝正月ならぬ、寝ゴールデンウィークやったかな!?

一日だけ、娘にせがまれ街へ(家の近所にはなーんもないからね)

プラプラと買い物。
ちょうど通りかかったとこに「アニメイト」の店があるのを思い出したんで
娘をお連れした。

店に入ったとたん

 超ご機嫌でニヤニヤと
(オタッキー娘なんで・・・)

最近のお気に入りは 「ヘタリア」っちゅーアニメ。
チラっと見たけど・・・よーわからん。

ただ主題曲やとかキャラソンとかを車中で聴かされるもんで
(自分のipodをたったと繋ぎやがる)
ほとんど覚えてしまった私・・・

娘は受験生やで母よ!

受験生やぞあんた!

っと思いつつ、GW中は家でゴロゴロ。
宿題もたくさん出されてたようやけど

私のDVD鑑賞につきあってた娘。
何を観たかと・・・大好きなスターウォーズ全6巻

今度は私の趣味に巻き込み、ストーリー解説しながら
「ええやろー?おもろいやろー?」と。

エピソード2、3くらいのヨーダを観て
「かっけー(かっこいい)!ヨーダ!」やって。

ええ娘や。

レーザー治療のその後 - 2009.05.02 Sat

まだ


4月16日に娘がひどい花粉症のため、
鼻粘膜のレーザー治療をして以来(詳しくはコチラ
ケアのために耳鼻科に通うこと7回。

まだ粘膜が落ち着かず、もう少し通わなあかんらしい。

ドクターが言うには、
今回、5月のイネ科のシーズンに突入してしまって
粘膜の仕上がりが間に合わないかもしれんけど、
ここでしっかりケアしとかんと、来シーズンがヒドイことになる
と。

あとちょっとのカサブタらしい。

レーザー治療以前から現在続けてる薬が

  クラリス錠200 細菌を殺し感染を治療する薬

  アレグラ錠60mg アレルギー症状を抑える薬

  ムコダイン錠500mg 痰、膿を出しやすくする薬

これに、目薬(かゆい時に点眼)

薬剤師さんに聞くと、比較的眠たくならない薬を出してるそう。


レーザー治療して約2週間。
大分鼻水も治まり落ち着いてきたようで
本人も楽になってきたと。

まだもうひと頑張りってとこかしら

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ドーラ

Author:ドーラ
ハンドメイドが大好きな
スタミナの無い、大学生の母。

●初代blog→ドーラドーラがつぶやいた

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

いらっしゃいまし~

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。