topimage

2006-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅日記(9、10日目) - 2006.07.27 Thu

とうとうツアーも終わり、帰国します

パリのシャルル・ドゴール空港→フィンランドのヘルシンキ経由→関空

ヘルシンキ
↑ヘルシンキに到着

フィンランドはムーミンとサンタさんの国。一度は行ってみたいなぁ。


ヨーゼフ
↑ユングフラウでゲットした、娘あゆぴーの大事な大事なヨーゼフ
 飛行機でちゃんとベルト着用させてたわ

ラッキーな事に、フィンランドから隣のシートが空席やったんで、なんか超楽ちん

偶然にもスッチーさん(最近はキャビンアテンダントって言うのね)の中に行きも帰りも同じ人がいて、覚えててくれたその人から声を掛けてくれて、嬉しかった~。
その後親切にしてもらって、トランプやぬりえセットやらいただいて
丁度ドラマ「アテンションプリーズ」を見ていた私。
理想のスッチーさん(いやいやキャビンアテンダントやって)やーって思った。
どうもありがとう!!お陰で快適な空の旅ができましたわ

夕日
↑飛行機からの夕日は初めて
 雲の上から沈んでいく太陽・・・なんとロマンチックなんや

日付も変わり・・・無事に日本に帰ってきましたとさ。


っで、長々と旅日記のお付き合い、ありがとさんでした
スポンサーサイト

旅日記(8日目) - 2006.07.25 Tue

≪フランス≫ パリ→モンサンミッシェル

朝早くパリを出発
なんせ世界遺産モンサンミッシェルがあるノルマンディー地方まで約370㎞
4,5時間かかったけかな。殆ど高速道路やったから楽ではあったけど。

モンサンミッシェル モンサンミッシェル
↑遠くに見えてきたモンサンミッシェル
まわりに何もなく、ポツンと建ってる(周りは海っつーか干潟)

モンサンミッシェルはその昔、司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げを受けたがきっかけで、作られたんやって。

モンサンミッシェル
↑見学の前に名物のクッキー工場に寄った。
試食が出来て、美味しかった~

ランチ ランチ
↑ランチは名物オムレツ
なんてことはないオムレツ・・・やはり名物に美味いもん無しって事か

そして、いよいよモンサンミッシェル見学。
現地のガイドさんがついて、添乗員さんが通訳。

モンサンミッシェル モンサンミッシェル
↑近くで見るより、遠くからの方がイイかもね

モンサンミッシェル モンサンミッシェル
↑写真右がお告げをしたという「大天使ミカエル」

モン Mont = 山
サン Saint= 聖
ミッシェルMichel = ミカエル

直訳すると、聖ミカエル山!?

ジブリの「天空の城ラピュタ」のモデルになったとかならないとか!?

モンサンミッシェル モンサンミッシェル
↑写真左は中庭。医学の研究もしていたって事で、薬草の栽培をしていたんやそう
写真右 客には豪華に見せる為、不必要な多さの柱。

モンサンミッシェル モンサンミッシェル
↑写真左 ハムスターが乗る滑車のように、人間さまも乗ってたんやそう。
この滑車で海から荷を挙げてたんやて。
写真右 干潟を馬で散歩してる人がいて、羨ましい~
年に2回、干潟が一瞬にして海に沈むらしい。馬が駆ける程の早さらしく、昔は渡り道路もなく干潟を歩いた巡礼者が、潮にのまれて死んだらしい

モンサンミッシェル モンサンミッシェル
↑門前町って言うんでしょうか、島のメインストリート

見学後はまた遠くパリまで帰りました
もちろんバスの中では、みんな爆睡

モンサンミッシェル モンサンミッシェル
↑ホテルで夕食わけのわからん肉料理やったなぁ・・・

さて明日は帰国の途につきます

旅日記(7日目) - 2006.07.24 Mon

《フランス》 ジュネーブ(スイス)→パリ

ジュネーブのホテルから徒歩3分くらいで、レマン湖が。
朝食後、出発までお散歩
レマン湖
↑朝日が昇るレマン湖

ジュネーブからパリまでTGV(新幹線)に乗って
TGV
↑ホームに入ってきたTGV

パリ

パリに到着後はパリ市内観光

パリ パリ
↑写真左 国民議会 右 コンコルド広場

コンコルド広場はルイ16世やマリー・アントワネットの処刑が行われた場所

パリ パリ
↑写真左ノートルダム寺院 右 凱旋門

ノートルダム寺院の中を見学したかったけど・・・残念ながら車窓のみ

パリ
オペラ座
一度でいいから、正装してオペラなんぞ見物してみたいものや

パリ
↑単なる街角
ドイツもスイスもそうやったけど、街では路上駐車がものすごい
縦列駐車がみんなお上手で・・・きっちきちの縦列駐車。
見ちゃった見ちゃったその駐車から抜ける現場を
バックして⇒後ろの車に当てて⇒出る

「バンパーは当てる為についている」
こちらの人たちの考えらしい

パリ パリ
↑写真左エッフェル塔 右は見掛けたラーメン屋

そろそろ日本食が恋しい(TGVの中では幕の内弁当やって、美味しかった)ショッピングに連れて行かれた時にラーメン屋を見て、みんな「おーっ!ラーメン食いてぇ!」と叫んだわ

ルーブル ルーブル
↑ルーブル美術館

楽しみにしてた美術館やけど・・・人人人人人・・・多すぎ
しかも少ししか時間がなく、ガイドさんに連れられ、サーッと見物。
有名なシンボルのガラス張りのピラミッドの前で写真を撮りたかったけど、地上に上がる事はなかったのよ(バスは地下)
なので、地下からのピラミッド
人が多いせいで、せっかくガイドさんが説明してくれてもよく聞こえなかった

ルーブル ルーブル
↑写真左 窓から見えた中庭!? 右 なんやろ!?

ルーブル ルーブル ルーブル
↑写真左 サモトラケのニケ 人だかり~
真ん中 ミロのヴィーナス 人々の熱気でムンムン暑かった
右 人人人・・・

彫刻関係は撮影やけど、絵画は禁止
絵画へのフラッシュ光線が害を及ぼすんやって。
モナ・リザはガラス越しやけど、その他の絵画はそのまんま飾ってある。

ルーブル
↑ごめんなさい 盗み撮り
フラッシュは焚いてないないし、殆ど撮れてないし・・・許して~。
しかし、すっごい人だかりやった

お次は世界遺産セーヌ河岸をクルージング

セーヌ セーヌ
↑炎天下・・・暑い
風を期待してたが・・・ノン ござらんかった。

セーヌ
↑船から見たノートルダム寺院
丸い窓は「バラ窓」 中から見たらすごいんやろーなぁ!

エスカルゴ
夕食は街のレストランで、前菜に名物エスカルゴ

バターにガーリックが利いていて、美味しかった
メインのわけわからん料理より良かった。
娘あゆぴーも「エスカルゴが美味しいって、友達に教えたろー」

今日もむっちゃ暑い中の観光気温も35℃くらいやったそう。フランスでもここ数年は異常気象で、死者が出るほど。
フランスでのホテルはクーラーがついてて満足。
高級ホテルじゃないけど、クーラーが付いてるってだけでヨカヨカ
一つ不満を挙げれば、このホテル、団体客には冷蔵庫の貸し出しはしないんやってー 部屋には冷蔵庫が無かった。
風呂上がりに喉がカラカラ
わざわざBarまで水を買いに・・・くそ高い水(確か1㍑くらいのビンで5.5ユーロ=約800円くらい)
参りました・・・

旅日記(6日目) - 2006.07.23 Sun

《スイス》 インターラーケン→ツェルマット→ゴルナーグラート→ジュネーブ

マッターホルン観光をするために、麓の街ツェルマットへ。
ツェルマットへは一部カートレインにバスごと乗って、峠越え。

カートレイン
↑バスの幅ギリギリで、運ちゃんの腕のみせどころ
窓から見てたら10㎝くらいしか、あいてなかったような気がする。

テッシュ駅 ヨーゼフ
↑ツェルマットへのガソリン車の乗り入れは規制されているので、
手前のテッシュ駅より列車
前日あゆぴーが気に入って、買わされたヨーゼフもずーっと連れて・・・

ツェルマット 

ラクレット ラクレット
↑ツェルマットの到着、ランチ名物ラクレット
茹でたジャガイモに、溶けたチーズをつけていただく。うんウマイ

エーデルワイス
↑レストランの傍らに咲いてたエーデルワイス
なんかヨレヨレで汚い花・・・
自生してるエーデルワイスは、なかなかお目にかかれないらしい

ツェルマット ツェルマット
↑写真左ツェルマット駅近くからのマッターホルン(4478㍍)は、頭に雲が・・・
写真右登山列車からの街

登山列車
↑登山列車40分程乗って、標高3089㍍のゴルナーグラート駅へ!

ゴルナーグラート

ゴルナーグラート ゴルナーグラート
↑ゴルナーグラート展望台(標高3131㍍)やっぱりマッターホルンの頭の雲が・・・

ゴルナー氷河 グレンツ氷河
↑写真左モンテローザ(4634㍍スイス最高峰)
写真右の中央奥リスカム(4527㍍)右ブライトホルン(4160㍍)
その間のスジがゴルナー氷河

ヨーゼフ
↑展望台付近でお仕事してたヨーゼフちゃん
観光客と一緒に撮影して稼いでる
もち、撮ったわよ確か10スイスフラン(900円くらい)

マッターホルン
↑列車で下山途中、マッターホルンの雲も後少しで・・・

アルプスの山々を堪能して、また列車に乗ってテッシュ駅まで戻った
さて、そこからはバスでジュネーブへ

ジュネーブ

レマン湖
↑レマン湖

ホテルに到着。夕食にありつく

夕食
とにかく暑い・・・
ホテルにはクーラーは無く、最悪。
部屋の窓を開けても、風は入って来ず・・・
おまけに窓の下はBarで、遅くまで客がうるさく騒いでいて、
なかなか寝付けなかった

旅日記(5日目) - 2006.07.22 Sat

《スイス》インターラーケン→グリンデルワルド→ユングフラウヨッホ

インターラーケン

インターラーケン インターラーケン

↑泊まったホテルと、部屋からの眺め(奥の雪山がユングフラウヨッホ)
ホテルはむっちゃ古く、床はミシミシ。シャワーはみんなが使うピーク時を過ぎると湯が無くなり、水・・・ 出遅れた私は2日間とも水やった
エレベーターがこれまた怖ろしい
これまでドイツもそうやったけど、あのシン○ラー社のもの。
特にここは古いので扉は手動。内側には柵もなく、むき出しのまま昇降。

朝食

↑何が良かったって朝食
パン&コーヒーは美味しいし、色んな種類のハムもヨーグルトもGoo
チーズだけはちょっと苦手なのがあったけど。

グリンデルワルド

ユングフラウヨッホに向かう為にまずは麓の街グリンデルワルドへ

グリンデルワルド駅

↑グリンデルワルド駅。ここから登山列車に乗って展望台まで登って行きます
まずは40分程かけて、クライネシャイデック駅へ(標高2061㍍)ここで乗り換え
快晴35℃もあって暑いけど、さすがに登って行くと爽快!風が冷たく気持ちイイ

グリンデルワルド

↑電車からの眺め。高山植物の花もたくさん咲いたわ。

アイガー 登山列車

↑写真左アイガー北壁(3970㍍)右ユングフラウ(4158㍍)

アイガーヴァント

↑アイガーヴァント駅、標高2865㍍(アイガーをくり抜いたトンネル内にある)の窓からの眺め。

ユングフラウヨッホ

クライネシャイデック駅からまた50分程かけてユングフラウヨッホ駅(標高3454㍍)に登ってきた。
さすがにもう寒いのと、空気が薄いのでちょっとフラフラした(軽い高山病)

駅からスフィンクス展望台(3571㍍)まで高速エレベーターで108mを一気に25秒で登った。
早い早い

展望台に登ると、たっくさんの観光客。
大パノラマには圧巻されたわ

スイフィンクス アイガー

↑写真左アレッチ氷河(スイスで最長) 右メンヒ(4099㍍)

ユングフラウ

ユングフラウ じーさんが写ってるのしかなくって・・・
ホテルから見えた山のてっぺんが、こんなに近いのが信じられん

クライネシャイデック駅まで降りてきて
クライネシャイデック クライネシャイデック

↑いたいた山羊たち。白いユキちゃんじゃぁなかったけど
アルプホルンを吹く少年の横であゆぴーはちゃんとおひねりを楽器の口に放り込んでた。後で聞くと、そのお金は拾ったらしい

ミートフォンデュ 夕食

↑夕食の名物ミートフォンデュとデザートのアイス

ミートフォンデュはお肉を油で揚げて、色んなタレで味わうっつー料理。ちょっと肉が固かったかな・・・

ホテルに帰ったら、前の道路を牛&山羊たちの行進があった。
頭に花をつけ、大きなカウベルをガンガラ鳴らして通って行った。
おぉ何と風情な・・・っと眺めていたけど・・・臭かった

旅日記(4日目) - 2006.07.21 Fri

《ドイツ》 ミュンヘン→フュッセン→インターラーケン(スイス)

フュッセン

バイエルン州フュッセン近くにある「白鳥の城」とも言われる
ノイシュバンシュタイン城ルードリッヒ二世による建築。
ノイシュバンシュタイン城

ディズニーに出てくるお城のモデルになったとか
ちょっと離れたところに架かってるマリエン橋ってとこからの眺めなんやけど、
超美しい

マリエン橋

↑これが城から見た「マリエン橋」ここからの眺めやったのさ。

ノイシュバンシュタイン城 ホーエンシュバンガウ城

ほんまに、おとぎの国のお城のようで、中も豪華絢爛でした。
残念ながら、ここも内部の撮影は禁止
↑右の写真はノイシュバンシュタイン城へ行く道の途中から見られた、
ホーエンシュバンガウ城(ルードリッヒ二世幼少期の頃の住まい)とアルプ湖

むか~しむかしの事じゃった
バイエルンの王子ルードリッヒ二世は親の愛情を受ける事無く育ったそうな。むっちゃ男前やったらしい王である父が死んだあと王となり、大音楽家ワーグナーのパトロンとなりました。偏った性格のせいか芸術を愛しすぎてしまい、ワーグナーの作るオペラにふさわしいロマンチックな城を造ろうとしたんじゃ。まぁそれにお金をつぎ込むつぎ込むで、借金し過ぎて周りのもんに軟禁されてしもうたんじゃとかわいそうに・・・この城で暮らしたんは、たったの102日間で・・・軟禁された次の日に湖で謎の死を遂げたんじゃそうな
おかわいそうにのぉ

馬車

↑城の見学を終えて、帰り道は馬車に揺られて~楽ちん楽ちん
(行きはバスでした)

ランチ ランチ

↑ランチはどこぞの湖の畔にある、かわいいホテルのレストラン。
名物のハンブルガーステーキ。(ハンバーグステーキ)
まぁまぁ美味しくいただけましたが、全然ジューシーではなかったなぁ。
なんせ塩っ辛い

104.jpg

↑インターラーケン(スイス)に向かう途中に見た湖。
なんつー湖かはわからん(おいっ!)

ドイツからオーストリアに入って、ガソリンスタンドで休憩。
そんな場所ではオーストリアは実感できず・・・
高速道路でリヒテンシュタイン公国を通過。(わかるかいな
そしていよいよスイスへ入国

スイスフラン

↑スイスはユーロに加盟していないので、ここからはスイスフラン。
まぁオモチャみたいな紙幣ですなぁ。

ヨーゼフ

↑インターラーケンのホテルに到着
いました!いました!ヨーゼフちゃん!
ロビーに寝そべっておられました~かわいい~

夕食

↑夕食はホテルで 魚料理(ムニエルっぽい)
明日はいよいよアルプスだ~

旅日記(3日目) - 2006.07.20 Thu

《ドイツ》ヴュルツブルク→ローテンブルク→ネルトリンゲン→ミュンヘン

この日も快晴 でも気温38℃と暑い暑い日やった

ヴュルツブルク

ヴュルツブルクはロマンチック街道の始点の街。
ヴュルツブルク・旧市街  ヴュルツブルク・旧市街

↑ヴュルツブルクの旧市街を観光。チンチン電車(路面電車って言うのね)も走ってたし、パン屋さんの前でヨダレを垂れてみたり。

ヴュルツブルク・旧市街 ヴュルツブルク・旧市街 ヴュルツブルク・聖キリアン大聖堂

↑写真一番右が聖キリアン大聖堂 真ん中が大聖堂脇にあるシェーンボルン礼拝堂。ヨーロッパの教会って、建物の入り口なんかに天使や悪魔が彫刻されてるのが多いんやけど。何でかと思ったら、誰もが一目で信仰する意味がわかるようにやって。ようするに「信じないと地獄に堕ちまっせ~」って事。な~るほど

さてさて楽しみにしていた世界遺産レジデンツ
(ドイツには27の世界遺産があるらしい)
前日観光したライン川渓谷もそうやった。
ナポレオンが「ヨーロッパで最も美しい居城」と称えたほど。ヴュルツブルクの領主司教さまの宮殿。

レジデンツ レジデンツ
でっか過ぎて全景が撮れなかったゎ。
残念ながら内部の撮影は禁止で・・・  でも

レジデンツ

↑メインのフレスコ画ではないけれど、盗み撮り フラッシュたいてないから許して~

ローテンブルク

「中世の宝石」と呼ばれている、ぐるり全長3.5㎞の城壁に囲まれた街。
ほんま綺麗な街やった。

ローテンブルク ローテンブルク

↑写真右が広場にある市庁舎。

ローテンブルク

↑ローテンブルク名物「マイスタートゥルンクの仕掛け時計」

むかしむかしの事じゃった~
戦争で、このローテンブルクが敵に包囲され、敵将軍が街を焼き払おうとしたんじゃと。
そこでみんなは命乞い。将軍の気をやわらげようと大杯のワインを差し出した。それに気を良くした将軍が「この大杯のワインを一気に飲み乾すものがいたら許したろ!」って。
さぁさぁ受けて立ったのが市長さん
見事10分間で3.25リットル入りの大杯を見事に飲み乾したそうな。

っでこの仕掛け時計が始まると・・・
窓から将軍がラッパ。するともう一つの窓からは、市長さんの一気飲み。

ちょうど12時に見る事ができました~

ローテンブルク ローテンブルク ローテンブルク

↑街にあるお店などの看板!? むっちゃカワイイのでパチリ

ローテンブルク

↑昼食は名物のソーセージ これは美味しかった

ネルトリンゲン

ここも城壁に囲まれた城塞の街。
むかしに大きな隕石が落ちてできた盆地にあるんやて。
地質が月面と似てるっつー事から、NASAのアポロ計画の訓練地やったらしい。

ネルトリンゲン ネルトリンゲン

↑ここでも可愛い看板をみっけ


ネルトリンゲン ネルトリンゲン

↑街の中心にある聖ゲオルク教会 その教会の塔からの眺め
って、登ったのよ この暑さの中、ぜぇぜぇはぁはぁ言いながら。でも登った甲斐あり おかげで素晴らしい景色をおがめましたわ。

ミュンヘン

↑ミュンヘン到着後、夕食のロールキャベツ
フランクフルトから南下して来る毎に、料理の味が塩っ辛くなってきてます。喉がカラカラ~
ミネラルウォーターとビールが同じくらいのお値段って、どういう事よー!!
食事に水は殆ど出てこないので、飲み物は注文せなあかん。
この暑さ、水分補給は命
ひとり当たり一日の飲み物代・・・2000円くらいかかってる

旅日記(2日目) - 2006.07.19 Wed

《ドイツ》フランクフルト→リューデスハイム→ハイデルベルク→ヴュルツブルク

移動は おベンツの最新式バスさっすがドイツ、腐る程おベンツが走ってたわ。
運転手は陽気なドイツ人ウベさん。

サッカーW杯の熱も冷めたドイツ。
立ち寄った何処にもサッカーのサの字もなかったのでガッカリ
↓ホテルの朝食に余り物なのかこんなのが・・・
朝食


画像は全てクリックで大きいのが見られるよん

世界遺産ライン河クルーズ
ライン河下り


リューデスハイム~ザンクトゴアまで、たくさんの観光客(老人が多かった
気温は35℃・・・でも湿気が少ないので、風が気持ちよかった。

ライン河下り

ぶどう畑や古城を眺めながら、気分爽快

ハイデルベルク(ドイツ最古の大学の街)

ハイデルブルク城
ハイデルベルク城
ハイデルベルク城

なんやら不気味な城。所々戦争で破壊されたらしく、余計に寂しげなとこや。

ハイデルベルク城

小高い場所にあるこの城からの景色はうっとり
旧市街はオレンジっぽい色で、「お~ドイツ~!」って感じ。

カールテオドール橋
カールテオドール橋


イエズス会教会
教会


地方名物「ザウアーブラーテン」
ザウラーブラーテン

夕食は牛肉をワインビネガーに数日漬け込んで煮込んだもん。
微妙なお味・・・ 付け合わせの紫色のは、とてもやないけど食べれんかった。
ジャガイモは主食!?これは団子のように練ったもの。う~ん微妙

旅日記(1日目) - 2006.07.18 Tue

忘れないうちにUPしていこうっと。

関空発フィンランド航空→フィンランドのヘルシンキ経由→ドイツのフランクフルト
  ムーミンをペイントしたやつやった(搭乗口が邪魔で撮影出来なかった・・・)

時差時間(サマータイム)

実際、日本からドイツまで約14時間もかかった~
  おのぼりさんやから長時間の移動もへっちゃらやったなぁ。

フィンランド航空

機内食

乗り継ぎだったので、合計3回機内食があった(以前のタイ航空のに比べれば、むっちゃ美味しく頂いたゎ)
この日は移動で終わり、ホテルにチェックインしておやすみ~

旅に出てきます~ - 2006.07.17 Mon

明日から10日間、ヨーロッパへ家族旅行に行ってきま~

また帰って来たら、写真などUPしたいと思とりま~
しばし、ブログは更新できないけど・・・

未だ荷造りができてないので このへんで~

成分分析占い - 2006.07.13 Thu

(≧∪≦)ノ++++++++++++++++++++++++++++++++

○○ の成分の分析結果(○○=私)

○○ の51%は三大成人病で出来ています
○○ の30%は嘘で出来ています
○○ の7%は灯油で出来ています
○○ の7%は芋焼酎で出来ています
○○ の3%はフランスで出来ています
○○ の1%はのりで出来ています
○○ の1%は酒税で出来ています

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

会社のシノちゃんが、教えてくれて占ってくれた
これらを混ぜるとが出来上がるって事?
私の体の半分は、三大成人病で出来てるってどういうことよっ
あかんやん・・・

まぁ笑えたので、お試しあれ⇒ユーモア占い(成分分析占い)

踊り遠征 - 2006.07.08 Sat

我が連(チーム)の地元宣伝(観光協会から)のために、香川県へ行って参りました。
まずはホテルの宴会場でひと踊り
なんか、JR関係の方が集まってたんかなぁ!?
(いつも私たち親子は設定がわからず、踊りに行ってる

その後、駅のホームへと移動。その時の写真。

高松


ホームは蒸し暑くたまらんかた・・・
娘あゆぴーは少しダレてたけど、いや母もやけど・・・

でも、電車から降りてきたお客さんたちが、物珍しく写真を撮ったり
ニコニコしながら見物してくれたので、頑張れました

それに、香川にいる友だちファミリーも見物に来てくれて嬉しかった~

飛び込みたい! - 2006.07.07 Fri

居住地が田舎なもんで・・・
田んぼ

運転中、ふと景色のキレイさに、一人感動した。
別に普段から見慣れてる景色やけど、なんかこの日はキレイやと思った。
思わず車を止めて、携帯で撮影

再び発車。
狭い対向出来ない道やったので、先でおじさんが停車して待っていた
コワイ顔して睨まれた~

すんません

ビアガーデン - 2006.07.06 Thu

今年初めてのビアガーデン
生憎のぐずついた天気やったけど、なんとか持ちこたえてくれて、
涼しい中、盛り上がりました
炭酸飲料はあまり飲めない方なので、ジョッキ1杯だけで腹パンパンに
その前に、減り過ぎた腹を満たすためにガッツイタせいもあるけど・・・
なんやかんやと3杯ほどで、ギブアップ。

その後、友達とカラオケにくり出し、おお盛り上がり。
無謀にもアンジェラ・アキの「This Love」に挑戦した私やったが、

見事に撃沈・・・涙流して笑われた・・・

うぅ・・・いつかきっと歌いきってやるぅ・・・グスッ

踊りの基本 - 2006.07.05 Wed

今日は女踊りだけの練習日。
踊り練習

↑左:あゆぴー 真ん中:オネエさま 右:やり始めたばっかのシノちゃん

参加者が少なかったので、ベテランのオネエさまが手取り足取り、娘あゆぴーを調教
練習の様子を端で見ていたら、フムフム・・・
踊りって奥が深いもんやなぁ・・・ってつくづく思いました。

私には無理やけど・・・娘よ!励め!

ショッピング - 2006.07.02 Sun

久々の娘との買い物。
買ってくれないとわかれば、ついて来ないのに。
メインが自分のとなると喜んでついて来た。
背が伸びてきてるので、去年の服がほとんどダメ

最近は趣味も変わってきて
迷彩柄やの
黒っぽいのやの
アクセが付いてるのやの
PLAY BOYがいいやの

うるっさい!

疲れた・・・

バーベキュー - 2006.07.01 Sat

何も雨の中、バーベキューをしなくても・・・
って言いだしっぺの私でした
さすがに公園はガラガラで、静かな静かなしっとりバーベキュー。

遠くから三線(サンシン=沖縄の楽器)の音がきこえてきて
なんか、いい感じ
歌声もきこえてきて・・・
練習してたみたい。

こんなバーベキューは初めてや

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ドーラ

Author:ドーラ
ハンドメイドが大好きな
スタミナの無い、大学生の母。

●初代blog→ドーラドーラがつぶやいた

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

いらっしゃいまし~

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。